ネットショップの開業は必要なのか?

そして、どこで仕入れて、どこで売ることができるのか

アパレル・雑貨系のスーパーデリバリー:ネット卸

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーデリバリー
売り上げ                   100億弱
購入店舗                   7000店
会員数(メーカー側)  約980社
会員数(小売店側)4万1700店
月会費(小売店側)      2000円

2002年に開業した、主にアパレル・雑貨系を扱うネット卸サービス。

会員である約980社のメーカーが、連日800種類以上の商品情報を小売店に送る。

また、小売店サイドの会員数は4万1700(14年7月)で目下増加傾向にあるが、審査に合格する小売店は応募した中の約一割で、実店舗を持つ会員が中心となっている。

アイテム数は約45万で、地方にあるリアル問屋のアイテム数の目安である約3000を圧倒。

なお、セレクトショップの運営には30万以上のアイテムが必要だといわれる。

 

← ネット卸問屋サイト一覧 - なにを売るのか? →