ネットショップの開業は必要なのか?

そして、どこで仕入れて、どこで売ることができるのか

ぱっとしない景気と労働環境の悪化

このエントリーをはてなブックマークに追加

ばっとしない国内経済

GDP(国内総生産)の推移
※内閣府サイト内資料を元に作成

上記図表は、1980年度から2015年までの国内総生産(GDP)の推移となります。

図表を確認すると、(高度経済成長期以降)バブル経済期までは、面白いように経済が成長していることがわかります。しかし、その後は、1997年頃がピークとなり、それ以降は頭打ち気味に現在まで推移しています

また、アベノミクスにより、ここ数年の円建て国内総生産は増大傾向にあります(2015年で500兆8,280億円)が、その一方で、米ドル建てに換算し直すと、2011年の59,056億米ドルが、2015年には42,103億米ドルへと縮小していることがわかります。

悪化する労働環境

非正規雇用者率の推移
労働力調査資料、および社会実情データ図録」サイト内資料を元に作成

その要因については複数考えられ、また、色々と言われているわけですが、労働者という立場から見ると、明らかに環境が悪化してきたわけです。終身雇用制度と年功序列型賃金制度が崩壊し、正社員に対する非正規社員の比率が上昇し続けている。

また、新卒についての変化に目を向ければ、就活時期、バブル期には大企業にハワイにでも囲われていたところが、今は中小企業への就職さえ危うく、結果として無職やフリーターになる若者が増えている。

そして、そこには時代背景があるのであり、当人だけの責任であるとは言えないわけです。

 

← ホーム - 右肩上がりのインターネット通販市場 →